スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南大門の今(崇礼門のゆくえ)

こんにちはホテルインフォさすらいの旅人です*^-^*

みなさん。数年前にあった大事件、「南大門の放火」を覚えていらっしゃいますでしょうか?

2008年の2月に都市再開発で立ち退きを要請され、不満をもった男性が、南大門をに火をつけて全焼してしまいました。
namdaemun006_t.jpg  namdaemun003_t.jpg
   
 南大門は国宝第1号で、正式名称は崇礼門。南側の主要な門とという貴重な建物。2006年3月3日から崇礼門に近寄るどころか門の下をぐぐれる様にまでなりました。しかし、2005年からホームレスの進入が悪化し、強化を強めていたが、このような結末になってしまいました。
  

   そして、2008年。再建に着手している崇礼門を一般の人々にも見せようと、一定期間の週末に閲覧も可能でした。
namdeamun027_t.jpg  namdeamun064_t.jpg  namdeamun066_t.jpg

       namdeamun054_t.jpg  namdeamun029_t.jpg

 そして今年、2009年。更に昔の姿に戻ってきた崇礼門をさすらいの旅人が実際にレポートしてきました!

(事前作業) まず崇礼門のHPに入り、閲覧の申し込みをします。

 
 さすらいの旅人は20分程前に近辺に到着し、まずは周りの様子を撮影。かつては絵のかかれた鉄板で取り囲まれていましたが、今は真っ白な建物で覆われています。
 
            IMG_2563.jpg  IMG_2565.jpg

             IMG_2567.jpg IMG_2566.jpg
 
                     IMG_2568.jpg

  集合は復興現場入口。まわりをぐるっとまわりながら、入口にたどりつきましたよ~。

  夏休みだけあって、子供達もいっぱい訪れています。欧米の観光客も意外といてびっくりでした!思ったより沢山の観覧希望者がおり、入口の中へ入っています。

IMG_2571.jpg  IMG_2569.jpg IMG_2570.jpg

   -  受付 -      - 入館証 -    - 第1説明場所 -

 

まず、受付にて、名前をチェックしてもらいます。その時にパンフレットと入舘証が渡されます。このようなカードを渡されると、「見学するっ」という気分になってきますよね?そして、建物の前に立っているテントで説明を聞く為に待機します。

                    IMG_2573.jpg

 時間になりました。今日はこのスタッフが最後まで説明してくれます。子供達も多いので、質問形式にしながら話は進んでいきます。
 
           IMG_2575.jpg  IMG_2574.jpg



 ここではまず、南大門である崇礼門の歴史と位置を確認し、その後に、この門が現在に至るまでの経緯を説明してくれます。

 説明が終わったら、さっそく中に入っていきましょう!

説明を聞いていると、今回は子供やお年寄りの為に中にはエレベーターがあるそうです。身体に自信がない方は遠慮なく利用してください。
                     IMG_2577.jpg
  まずは3階に上って説明を聞きます。昨年よりももっと近くに足場が立っているような気がします。燃えた部分などよく見えます。

  現在、燃えてしまった部分は復元の為に、景福宮の近くで部分復旧が行われているそうです。 
       IMG_2579.jpg   IMG_2581.jpg IMG_2578.jpg

 次に上の階に行き、ビデオを見ます。前回はここまできちんとした物はなく、ただ状況を話して終わりでした。ここではこれからの崇礼門の展望など、色々な話が盛り込まれています。
                      IMG_2586.jpg

 最後に最上階まで上って上からの見学。に欠けられていた「崇礼門」の看板の復元など展示物もあります。燃えてしまった最後の上の部分がここからならよく見えますよ!!

                       IMG_2587.jpg


  こうやって国宝を間近で見れるのはそうそうないことですし、子供達にもいい勉強になるので、最後の場所でも一生懸命お母さんが写真をパチリ。
                        IMG_2590.jpg


   いかがでしたか?復興完成までには、まだまだ時間がかかるそうです。これからもこの見学会は続けれられるそうですので、どんどん完成に近づく崇礼門強調文を見ていきたいですね!



  ショッピングもしたいけど、やっぱり心に残る見学したいよね。
 南大門見にソウル行っちゃおうかなあ~


              http://www.hotelinfo.jp/

   
  
   で飛行機とホテルをもう一度チェック!!

 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
プロフィール

hotelinfo

Author:hotelinfo
アンニョンハセヨ~♪
HOTELINFOです。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。